ある日の里山


昨日の仰木は久々の雪でしたが、仕事で撮りに行けませんでした


それにしても今年の湖西中部~南部地区は例年と比べて雪が少ない

ように思います


先週までは・・・


里山から見る比良山



ttywewertwe (4)



少し雪雲のようなものが広がってきました



rerwrhyhbn (2)



家路を急ぐ



yyhertgfpooi.jpg



粉雪舞う



erwryyujg (2)


しかしすぐに止んでしまい無念

2月に期待です


2012.1月下旬



にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ

近江八幡 寸景



しばらく続いたCANON EOS7Dでの画像ですが

これで最後にしたいと思います



水路に浮かぶ



errwtyunjg (1)
(7D+10~22mm)



大地を耕す



yytwepeout (3)
(7D+10~22mm 超広角は自分の影に注意ですね)



冬に肥える



errttykik (1)
(7D+10~22mm)



漁船も休息



bbhyyref.jpg
(7D+10~22mm)



夕暮れ時に



yybherteotyt (5)
(7D+10~22mm)



たそがれる 



yytyugbbn2.jpg
(7D+10~22mm)



さて、7Dをしばらく使ってみての感想ですが、精度の高いWB、

露出とコントラストのバランス、見た目に近い色再現がイイです

ね~(ボクはニコンユーザーですが・・・(汗))


そして何より作品調??のような画を作りやすいように思いますので

風景写真家にCANON派が多いのも頷けます


7Dと言う機種の印象としては、非常にピーキーだと言うこと


光の扱い方が難しく、うまく撮れた時には好みの画を連発してくれますが

光を読み間違えると途端にグズった画になってしまいます・・・


これは棚田で会ったプロのフォトグラファーも言っていた事ですが

7Dは5Dmk2や1D系よりも扱いがシビアで、非常に気を使うと・・・・


ちなみに7Dは寒色系の傾向が強く、人肌の再現を重要視するプロから

は敬遠されがちだそうで、確かに撮ってみるとどことなく暖かみが少なく

マゼンタの色合いが控えめなような気がしました


そしてAPS-Cで1800万画素の能力を引き出す為には、レンズを

物凄く選ぶと言うこと!


キットレンズの18~200mmでは完全に役不足な感じです


半逆光やサイド光、望遠域でのコントラスト落ちはかなり酷く、また

レンズの作りもNIKONユーザーからするとオモチャのように感じて

しまいます


その反面、超広角の10~22mmは周辺が流れるものの、色乗り、解像感

ともに良かったです


とにかくいいレンズを!!


そんな印象でした



にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ





冬の仰木



今回は7Dで自宅近くの仰木周辺を撮ったものを

棚田などをよく撮る自分にとっては、一番興味のあるところです



uuywerwnkwre (3)
(7D+18~200mm)



冬の緑



uuywerwnkwre (1)
(7D+18~200mm)



フサフサと



yytwepeout (7)
(7D+18~200mm)



残り柿



uuyerbrwty (2)
(7D+18~200mm)



比良の赤染め



yyhyeweppo (3)
(7D+18~200mm)



昇月



qwpwyqrrw (5)
(7D+18~200mm)


2012.1月上旬



にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ




近江八景 唐崎神社の松



広重の錦絵で有名な唐崎神社の松



yybhweryrpr (2)
(7D+10mm)



以前から全景を収めたいなぁ~と思いながらも、手持ちのレンズ

構成(APS-C 18mm)では全く入らず


友人から超広角を借りていた際に行ってみました


以前(「おぼろ月と、唐崎の松」)にも書きましたが、この松は2代目のもので

先代の松は琵琶湖まで枝が張り出す程の巨大さだったようです



ちなみに下が広重の「唐崎夜雨」



yyererjf.jpg


出来ればこの当時に見てみたかったなぁ~


にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ




菜の花 守山第1なぎさ公園 その2



前回からの続きで、今回はキヤノンとニコンを撮り比べた

ものを 


まずは「CANON EOS7D」にて



The 定番



iiuyrrvh.jpg
(7D+18~200mm)



青空に咲く



yytryrtyy (4)
(7D+10~22mm)



比良に想う



ttweye.jpg
(7D+18~200mm)



ここまではD90と同等の画素数にするべく、M-RAWの約1010万画素


そして下は別の日に撮ったRAWの約1800万画素



skywepityrn (9)
(7D+10~22mm)



画像ではわかりにくいかもしれませんが、自宅で使用している22インチ

モニターで見ると、D90の軽く2倍以上は解像していると思います


ただ、ちょっと気になるのは右側の木が流れていること・・・・


超広角ですのである程度は仕方の無い事だと思いますが、やはり気になります


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そしてここから下は「NIKON D90」にて 

※7Dの画像はコチラから → 7D



uuyererncv (1)




uuyererncv (2)




ooyretmcv (3)



ちなみに両機の基本設定は


・EOS7D・・・ISO200、オートライティングオプティマイザー弱、スポット測光、

マニュアル露出、PL無し、手持ち


・D90・・・ISO200、アクティブDライティング弱、スポット測光、マニュアル露出、

PL無し、手持ち


と、ほぼ同一のセッティングで、アングルに応じて絞り値も同一です



にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ