EOS 5D Mark III 発表!


CANONから「EOS 5D Mark III」が発表されましたね


発売時期はNIKONのD800と合わせるかのように3月の下旬



uywerjwelrw.jpg



今日は仕事でしたので、帰りにキヤノンの大阪ショールームに寄って

実機を触ってみようと行ってみたものの、1台しかないデモ機の後ろ

には長蛇の列


並んで待てる程の出来た人間ではないボクは、早々に諦めて

カタログでももらおうと受付のオネーさんに聞いてみると

「まだリーフレットしかないんです」と・・・



werweyyy.jpg



プリンターで打ち出したリーフレットを貰って、そそくさと退散


気になる実売価格は35万円前後と噂されているようで、とてもボクには

買えそうにありません


でもやっぱり気になるなぁ~


スペック詳細は

 ↓ ↓

「EOS 5D Mark III」



にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ



TAMRON SP AF90 マクロ



え~、ちょっとネタ切れ気味ですので、レンズのインプレでも

書いてみようかと思います


名玉と名高いタムロンの272E 90mmマクロ


溶けるような柔らか~いボケと、タムロンらしい

しっとりとした色乗りが気に入っていたのですが・・・・


uutemsd.jpg


しかし・・・


名玉と言われるには一つの前提があるのではないかと思います


それは「値段相応」のと言うことです


使い込むうちに、アレ?と思うことが多々あり、かなり以前に

売却してしまいました


売却した理由は、色々あるのですが・・・・


まずは画角


90mmと言っても、フルサイズでも使えるこのマクロは

APSCで使うと約135mmの画角に(ニコンの場合)相当

します


ポートレートマクロ、スナップマクロと言われていますが

それはあくまでフルサイズで使用した90mmの画角のこと


まぁ、これは購入する前からわかっていたことなのですが

実際に使ってみると135mmの画角は想像以上に使い辛かった


次に、マクロ撮影をする時の感覚的なもの


ヘリコイドを回すと胴鏡が伸びるこのマクロは、使っていると

ん??と思う事が多々あり・・・


胴鏡が伸びることでアングルの自由度が狭くなること


そして手ブレが異常に多くなることです


このような事から売却した訳ですが、このことを友人のプロフォト

グラファーに話したところ、普段は言わないけれどと前置きした上で

プロ視点で本当の事を話してくれました


ちなみにその友人は某グルメ雑誌のメインフォトグラファーであり

某一流企業が主催する写真講座の講師であり、キヤノンのプロスタ

ッフでもあり、業界では名の知れた方です


その友人いわく「マクロレンズとして胴鏡が繰り出すマクロは致命的にダメ!」

とのことで・・・・


それは胴鏡が繰り出すことで重心が変わることから、手持ちでマクロ

撮影せざるを得ない状況の時に影響(手ブレなど)が出ること


そして接写の多いマクロ撮影では、銅鏡が伸びる事により対象物に

触れる可能性があり、更には構図の自由度が狭くなり、フレキシブル

に構図を作れないとのことで・・・


「ですよね~!!」と、ワタクシ妙に納得


実際、写真講座の受講生からもSP90について良く聞かれる

そうですが、「純正の方がイイと思いますよ~」と答えるだけで

それ以上は答えないそうです


それは氏がキヤノンのプロスタッフゆえに、他社レンズを悪く言う

訳にはいかないと言う事情もあると話してくれました


ではなぜプロからも評価が高いのかと言う疑問も沸いてきますが

それに対しては「あくまで値段相応の・・・」と言うことと、メーカー

のスポンサードを兼ねたプロや、影響力の強いプロは立場的に言えない

状況にあるとのことでした


そんな訳で今のボクにはマクロがありません(涙)


しかし買うなら、ニコンであろうと、キヤノンであろうと、純正以外

を買うつもりは全くありません


でも買えない我が家の財政状況が悲しいなぁ~と(涙)



にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ

にほんブログ村
[ 2012/02/14 21:38 ] 機材 | TB(-) | CM(6)

今年の抱負は買い替えか・・・



今年の抱負


もう考えられましたか


ボクの方はと言いますと、抱負とは意味あいが違いますが、目標(願望?)として

カメラの寿命が来ているので、出来るだけ早いうちに買い替え出来ればと思います


何せ今使っているニコンのD90は、既にレリーズが14万回を超えており、8万回

を過ぎたあたりから、露出とコントラストが低下?するような現象が出始め、今では

PCの現像で騙し騙し使っている状況です


元々はメーカーの耐久テストでも10万回のところ、遥かにオーバーしていますので

仕方ないですね


早く買いえろよ~っ!て感じですが、サブ機としてD40を持っていますので、壊れた

時にはコチラを使うとして・・・


それにニコンは近々D800が発売される様子


キヤノンは5DMK3が年内には発売されそうな感じですし・・・


それを確認してからでも遅くは無いかなぁ~と思っています


なのでもう、APS-Cは買わないと思います


ここで悩むのが、今まで通りニコンにするか、それともキヤノンに乗り換えるか・・・


出費だけを考えると、FXレンズ資産もあるのでニコンで決まり!

しかし、画作りで言うとキヤノンが好み


コンデジはPower shot2台を含み、これまで4台がキヤノンなのです


両メーカーの画作りの違いを体感しているだけに、D90系の画作りには疑問を

感じる部分が多くあります


その辺はまたの機会にして・・・


気になるD800は・・・



werwerrh (1)
(画像は海外の方の予想画像です)


以下、デジカメinfoより予想スペック


- 3600万画素センサー(7360x4912)
- ファインダーの視野率は100%
- 顔認識付きの改善されたAF(51点AF)
- CF+SDメモリーカードスロット
- USB3.0
- ISO100-6400、LOは50、HI2は25600
- 液晶モニタは3インチ以上(おそらく3.2インチ)
- GPSは非搭載
- EXPEED3プロセッサ
- ローパスの無いバージョンのD800も登場する
- 連写は4コマ/秒、バッテリーグリップ使用時にDXモードで6コマ/秒
- 動画モードは1080p 30/25/24、720p 60/30/25/24
- PCMサウンドレコーダーのような外部デバイスから入力が可能なヘッドホンジャック
- 86000画素のRGBセンサー
- シャッターの耐久性は20万回
- 非圧縮HDMI動画出力(D4と同じ)
- D800のCMがシカゴで撮影されている



werwerrh (2)
(画像は海外の方の予想画像です)


従来よりもかなり高画素化されているのは嬉しいですね

ただ、3600万画素はちょっと行き過ぎの感もありますが・・・


あとは画作りですかね~

現在不満に思っている箇所を改善してくれている事に期待したいです



にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ

SEAGULL ANGLE FINDER



DSC_3840.jpg




DSC_1438aaa.jpg




[ 2010/11/07 23:27 ] 機材 | TB(-) | CM(0)